男女

メガソーラーは新たな発電システムとして人気を集めている

広大な土地の活用方法

ソーラーパネル

金融機関からの借り入れ

広大な土地を所有している場合には、メガソーラーを建設することが選択肢となってきます。メガソーラーを建設すると売電収入を長期に渡って得ることができるため、富を生む土地へと変ぼうすることが可能となります。メガソーラーの建設ではソーラーパネルやモジュールなどの設備へ投資をする必要が出てきますが、金融機関からの借り入れで賄うことが可能です。金融機関ではマイナス金利の導入によって、民間への貸し出しを増やす必要性が高まっています。そうした環境から、メガソーラー向け融資が受けられやすい環境が生まれています。金融機関でもメガソーラー事業は、一定の収益性が見込める案件として信用性が高くなっており、安心をして融資ができる体制があります。

日照時間の影響

メガソーラーを建設する際に注意する点としては、まず建設予定地の日照時間が十分にあるかが挙げられます。1日あたりの日照時間によって、発電できる電力量は大きな違いが出てきます。したがって、日照時間の多い土地でメガソーラーを建設することが望ましいと言えます。日照時間の多い土地であれば収益性が高くなり、初期投資の回収期間を短縮できます。次に注意すべき点としては、メガソーラーの参入業者が多くなると電力会社ですべての電力の買取りができなくなるリスクが挙げられます。太陽光発電の電力は昼間に発電されることから、電力会社では電力の安定供給ができなくなる可能性が出ています。しかし、現状ではメガソーラーへの参入業者は限られている状況が生まれています。