スーツの男性

メガソーラーは新たな発電システムとして人気を集めている

太陽光発電のメリット

太陽光発電

企業がメガソーラーを設置する事が人気になっており、他の発電よりもメリットが多いため評判が良いです。メガソーラーは場所や土地に関係なく設置する事ができますし、固定された価格で買い取ってもらう事ができるためオススメです。

More...

広大な土地の活用方法

ソーラーパネル

広大な土地の所有している場合は、メガソーラーの建設が選択肢となります。今ではメガソーラー向けの融資が受けられやすい環境があります。なお、メガソーラーの建設で注意する点は日照時間の多い土地であることや、参入業者が増えてしまうリスクが挙げられます。

More...

雇用が拡大する

ソーラーパネル

大きくて広大な土地に太陽光パネルを設置して、太陽光発電を行っている企業も多くなってきました。広い土地がこのようなメガソーラーに利用されることによって、土地が開発されているところもたくさんあります。各自治体では工場の誘致のために大規模な、工業団地を造っているところも多くあります。当初予定した企業が工場の進出を見送り、草だけが生えて広大な工業団地もあります。そんな中工場の誘致に失敗した自治体では、このような団地を利用するために大手の企業に働きかけて、工業団地にメガソーラーを建設する自治体も多くなっています。土地の有効活用が図られ、企業が参画することから自治体には法人税が入ってきますので、自治体ではこのようなメガソーラーの設置に積極的なところも出てきました。

各自治体におけるメガソーラー建設の推進は、地元に新たな雇用を作るという点でも建設する企業と利害が一致してきます。自然エネルギーの買い取り制度が後押しをして、このメガソーラーを建設する企業は売電で得た収入を企業の利益とします。政府が保証して買い取りを行いますので、失敗するということがありません。また建設する場所になる自治体では、広大な建設地で開発にも人間の手間がいりますし、発電設備を設置するにも多くの時間と人の力が必要になってきます。これらの建設にあたっては、莫大な人を雇用して建設していかなければならないことになります。メガソーラーを建設することで地元では莫大な雇用が見込めるわけです。進出する企業と受け入れる自治体と、双方の利益がメガソーラー建設には見込めることになります。

大規模な太陽光発電事業

女性

メガソーラーは広い土地に太陽光パネルを設置し、大容量の発電をしている施設です。メガソーラー事業では、長期で売電収入を得ることができます。また、事業会社は売電収入を多くするため、効率の良い太陽光パネルを用いたり、太陽光パネルを常に太陽の方角へ向ける装置を付けることを行っています。

More...